1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/14(水) 23:57:10.06 ID:F4O7ShLTO
マーフィーとかじゃなく、悪魔の定理みたいなのを語ろう 小話的なのお待ちしとります





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:00:24.25 ID:OETTGKkF0

40人のクラスに同じ誕生日の人がいる確率は97%だったっけ?





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:03:46.34 ID:4Z2IPhR2O

実際97%なのか それとも数学的にそうなのか?





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:08:48.84 ID:3BQiaTRb0

>>8
横から説明すると確立を実際に計算すると直感とは違ってすげー確立が高くなるっていう数学の小話
誕生日のパラドックスってやつ

誕生日のパラドックス
400px-Birthday_paradox





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/14(水) 23:59:06.42 ID:SsYW4/Nt0

>>1童貞の法則
でもこれは証明済みか




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/14(水) 23:59:34.79 ID:VNJky2fL0

>>3
俺のそれ定理じゃなくて公理なんだけど^o^






16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:11:10.77 ID:W2tH07nF0

女友達が紹介する「松たかこ」似は危険





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/14(水) 23:59:37.74 ID:F4O7ShLTO

3つの扉のうち一つを選びもっかい選んだ扉を変えると66%だとか
モンティ・ホール問題
250px-Monty_open_door




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:15:22.12 ID:iGd4MYvNO

パップスギュルダンの定理とかおもしろいよな

paps


名前が





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:16:28.45 ID:4Z2IPhR2O

>>22
俺はキルヒホッフがずっと頭から離れない
svg






35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:28:28.18 ID:AdnIdoB20

地球上で見も知らぬ人と人が出会う確率ってのは
腕時計が地面に落ちてバラバラにぶっ壊れた挙句
偶然その部品が跳ね回って全く元の形に戻り
さっきまで巻いてた腕に戻るのと同じくらいなんだだそうだ


パンスペルミア仮説
13e1b6e7





41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:43:38.01 ID:lKqjmCjS0

>>1と>>2と>>3が、>>4が経営するホテルに泊まりに行った。
ボーイの>>5が、「一人5000円になります」と言ったので
>>1-3は、5000円ずつ出した。(5000円×3人=15000円)

しかし経営者の>>4は、「3人で10000円でいいよ。5000円返してきて」といった。
>>5は、5000円を3人で割るのは難しいから2000円ネコババして、3000円を返すことにした。
つまり3000円を一人1000円ずつに分けて戻したわけだ。

すると>>1-3は一人5000円出して1000円戻ってきたわけだから4000円払ったことになる。
4000円×3人=12000円
それに>>5がネコババした2000円足すと
12000円+2000円=14000円。


もともと払ったのは15000円なのに14000円?

あれ?1000円どこいっちゃったんだろう?





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:45:07.53 ID:lKqjmCjS0

>>41の答えがわかった&知っている人は
(・∀・)ニヤニヤ
と答えるのがマナー。これ豆知識な。




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:47:14.06 ID:tBib4E+G0

(・∀・)ニヤニヤ




450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 12:47:08.91 ID:tpOHXlwr0

>>41に近いがw

太郎君は会社員。あるとき上司に「1日休みが欲しい」と言いました。
上司は「そうか…1日休みが欲しいと言うのか、だが少し考えて欲しい。…

1年間は365日で52週だな?うちの会社は週2日は既に休みだな?
それを引くと365-(52×2)で残りの261日が労働日だね?
1日の内16時間は仕事をしていないわけだから分である176日を引く(261×(16/24))
そうするとたったの87日しか残らないわけだ。
それと太郎君、君は仕事時間の8時間の内30分喫煙タイムを設けているね?
計算すると23日分休んでいる(365×0.5/8)。残りは64日しかないわけだな?
同じように仕事時間の内昼休みが1時間あるから46日分休んでる(365×1/8)
これで残りはたったの18日分となっていまってるわけだ。
今年(2009年)の祝日はもちろん休みだから…17日分か。
これで18日-17日=1日。
わかるかい?そのたった1日を君は休もうって言ってるんだ。
これでもまだ休みたいって言っているのかい……?




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:42:58.27 ID:4Z2IPhR2O

ローシュタインとかも好きなんだけどな






50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:49:41.88 ID:lKqjmCjS0

>>40
5人の登山家(学生とも)が雪山で遭難して、一人死亡、真ん中に死体をおいて
スクエアをやるって話のモトだな。

ぬ~べ~にも出てきたね。





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:47:43.46 ID:hzOPSCsL0

E・シャフィール博士の「決定回避の法則」とか「現状維持の法則」とかは?





48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:48:25.52 ID:4Z2IPhR2O

>>46
kwsk





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:51:35.67 ID:hzOPSCsL0

>>48
「選択肢が増えすぎると、人はかえって何も選べなくなる」
「選択肢が広がると、かえっていつも通りの物を選んでしまう」





58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:54:51.59 ID:lKqjmCjS0

>>48

ネット社会になって、みんな便利になったと思うだろ?
いろんな情報が瞬時に得られていいじゃん?みたいな。

だけど、実は選択肢が増えると普遍的なものしか選ばなくなるんだぜ。

ググったとき、1万何千件ヒットとかして、全部見ることしないだろ?
だいたい、上から10件とか、そんなもんじゃん?
みんなそうだから画一化していくって話だよ。





62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:56:53.91 ID:4Z2IPhR2O

>>58
選択が画一化されてくのか 言われてみれば面白いけど怖いね





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:49:43.21 ID:uAtoYnRjO

スズメバチの25%は絶対怠ける って奴



パレートの法則






53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:51:38.47 ID:4Z2IPhR2O

>>51
残りの75%だけ分けるとまた25%怠けるんだやねー






55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:52:11.76 ID:lKqjmCjS0

>>51

おれが聞いた話だと、働きアリ&20%だった。

怠けた20%びアリ(orハチ)を集めて働かせると、80%は働き出すが
20%はやっぱり怠ける。

働いていた80%を抽出すると、同じく20%が怠けるってやつか。

こち亀にも出てきたね。





226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:29:36.47 ID:cRvO+DId0

蜂の話と似たようなもんだが実は人間も当てはまる
怠けてるやつが会社にいる → そいつを首にする → 違う奴が怠ける
これはなかなか分かりにくいがちゃんと理論的





54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:51:41.45 ID:r0gaNi+N0

法則や定理とはちょっと違うが
ケーニヒスベルクの橋 


Konigsberg_bridges

「このプレーゲル川に架かっている7つの橋を2度通らずに、全て渡って、元の所に帰ってくることができるか。ただし、どこから出発してもよい。」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:55:46.49 ID:4Z2IPhR2O

ケーニヒスベルクの橋が理解できなかった





63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:57:56.95 ID:lKqjmCjS0

>>60
ケーニヒスベルクの橋を理解するには、まず、方眼紙の問題を解くといいよ





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:59:46.91 ID:4Z2IPhR2O

>>63
一筆書きできないけど実際はできんのこれ





71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:01:57.16 ID:lKqjmCjS0

>>68
不可能だよ!それをオイラーって人が証明したんだ。





79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:07:02.67 ID:sSY4q0kYO

このスレ脳みそが痒くなる






65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 00:58:20.37 ID:ji+TBTIQO

合コンにて
「世界中の一人一人に一秒ずつ会っていっても200年近くかかる。もちろんその間誰も死なないし生まれてこないと仮定してね。なのに今俺達は何分も会って話もしている。凄いことだろ?俺達の出会いに乾杯。」





70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:01:39.33 ID:4Z2IPhR2O

>>65
今度使うわ 合コン行ったことねーけど







85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:09:32.24 ID:KeBOz1GAO

バナッハ・タルスキーの定理

大きさの異なる2つの球体KとLを考える。Kを適当に
有限個K1、K2、...、Knに分割し、K1、K2、...、Knの
それぞれの形を変えずに適当に隙間なく組み合わせなおすと、
Lを作ることができる。

350px-Tarski




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:13:40.73 ID:lKqjmCjS0

>>85
それ、直感的に違うようなきがするんだけど、そうなんだよね






86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:09:52.91 ID:xvA7sGuAO

例えばさ、4人対2人の喧嘩になった場合
全員がほぼ同じ戦略なら4人側は0or1人の損傷ですむ

って法則の名前なんだっけ?







91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:13:40.73 ID:lKqjmCjS0

>>86
ランチェスターの第2法則のことかな?

ff82030e4c6c6ec231dcc896ba457a76






90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:13:19.02 ID:avdCUDErO

a(1)=1,a(2)=3,a(n+2)=a(n+1)+a(n)
からなる数列を考えると
任意の素数pにおいて
a(p)をpで割った余りは1





104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:26:43.30 ID:fTeI+IqxO

エヴェレット解釈






106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:27:31.91 ID:rCicY0Fp0

>>104
無職じゃないお前もいるはずだよな





107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:28:25.82 ID:fTeI+IqxO

>>106
多分美少女もいるだろ






119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:36:00.85 ID:B6oMxykU0

なんかロボットとかが矛盾に対して処理できなくて止まっちゃう
見たいな法則の名前kwsk





150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:53:11.00 ID:YpX9iTr30

>>119はフレーム問題だろ
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/whatsai/AItopics1.html





165 :119:2009/01/15(木) 02:00:11.39 ID:B6oMxykU0

>>150
あー!たぶんこれです!
長年の疑問がすっきり氷解です!
ありがとうございます!




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:42:49.58 ID:81rbnRcY0

ハインリッヒの法則
1:30:300の割合で大事故:軽事故:ヒヤリとする事故未遂が存在する。
自動車免許取るときに教習所で教えられるのかな。

svg





136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:45:38.33 ID:sRW4BKlkO

ハインリッヒのヒヤリハットは医療関係者にはお馴染みだな






131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:43:10.11 ID:7QCD2EsJO

白いカラスのパラドックス

220px-Carrion_crow_Albino_20091101







140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:48:23.94 ID:h/SC2OfiO

コインを連続で投げてn回目に初めて表が出た時2^n円もらえる試行を考える。

期待値を計算すると無限大に発散することが分かる。従って100万円払ってでもこのゲームに参加する価値があるはずである。

ところが、実際考えてみれば1/1024の確率でやっと1024円もらえるようなゲームにそれだけの価値があるとは思えない。


これを聖ペテルブルクのパラドックスと呼ぶ。

Graph_of_common_logarithm



190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:10:10.21 ID:Cvk9ylh60

>>140
これマジで謎だな




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:07:45.38 ID:YmWOkEf4O

>>140
期待値
n-->∞ Σ2^n×1/2^n-->∞

確かに和だから∞に近づくけど理論上の話でコインが10回連続で裏が出る場合などほとんどないから現実的じゃない
掛け金を回収するには莫大な時間がかかるとか
わからねぇ





191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:10:47.06 ID:h/SC2OfiO

>>185
まぁそういうことなんだろうな。
ギャンブルに於いて期待値が全てではないらしい





203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:17:24.17 ID:YmWOkEf4O

>>191
ギャンブルといえば

かなり有名だけど
マーチンゲール法というのがあってルーレットの赤か黒のようにほぼ2分の1の確率で賞金二倍の賭けをするとき
外れたら掛け金を二倍にすれば
100円賭けて 外れたら
200円賭けて 外れたら
400円賭けて 当たったら
800円金が入り、出費は700円だから儲かる
繰り返せば絶対儲かるはずなのだが…実は…






440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 09:13:29.89 ID:tpOHXlwr0

>>203のやつはここで模擬実験できるなw
http://homepage2.nifty.com/nif/akakuro.html





144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:50:10.64 ID:h/SC2OfiO

あとは「アキレスは亀に追い付けない」とかか


ゼノンのパラドックス


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:53:42.18 ID:4Z2IPhR2O

アキレスと亀って半分にしてくとゼロにならんから一生追い付かないみたいな話よね





160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:58:13.23 ID:lKqjmCjS0

>>151
そうそう。
自分、カステラ好きなんですけど。
カステラを毎日半分ずつ食べれば一生食べられるじゃん?

一日目半分
二日目1/2
三日目1/4
四日目1/8

って。

これもむりなんだけどね。





169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:00:59.98 ID:AZgvqzG50

三枚の紙があり、一枚の裏に当たりと書いてある

そこから一枚を選択する
ランダムに選んでいない一枚がめくられる
その紙が当たりではなかったとき

もう一枚の紙に選び替えた方が当たりの可能性が高い





153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 01:54:09.04 ID:h/SC2OfiO

マクスウェルの悪魔が面白いんだが多分このスレではウケないだろう

svg





168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:00:47.60 ID:dCnTn+6i0

マクスウェルの悪魔って
部屋の引き戸を物凄い勢いで開け閉めする可愛い悪魔だっけ?





175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:02:18.02 ID:lKqjmCjS0

>>168
正確には動きの遅い分子と速い分子をわけるかわいい悪魔だよ!





178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:03:37.78 ID:/2VJH7yh0

法則でも定理でも無かったけど
誰にでも当てはまっていそうな事をさも本当に占ったかのように言うやつなんだっけ
これと本当に占い師という事を信じさせたらもうガンガンバリバリおちんちん





181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:05:35.26 ID:dCnTn+6i0

>>178
バーナム効果

カオスちゃんねる




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:04:58.64 ID:dhH1KfzGO

>>178
「あなたの両親はなくなっていませんね?」





225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:29:09.79 ID:KRiZLIM50

ネーターの定理なんかもちょっと好き








238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:36:42.67 ID:B6oMxykU0

ヴィルトの法則ってのもあるよ。
ハードウェア(HDDなど)が高速化すると、ソフトウェアの速度は落ちる
というもの。
早く処理できるようになったから、ちょっと無駄のあるプログラムでも速く動くだろう
ってことで結局遅くなるっていう。






242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:39:42.59 ID:pIv5CRHa0

年をとると時間の感覚が早く感じるのって何ていうんだっけ?





247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:44:37.61 ID:2F3ovo6cO

>>242
じゃねーじゃね?
ジャネーの法則




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:45:39.59 ID:kcvGxNvFO

20歳の人にとっての一年は、人生の1/20 5歳の子にとっての一年は、人生の1/5 
 
だから、20歳の人は5歳の子の4倍のスピードで時間が過ぎてくよう感じるらしい





257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:48:57.34 ID:O96RzUfJ0

一、ほとんどの自然数は平方数ではない
   つまり明らかに「全ての自然数の数>全ての平方数の数」である
二、しかし「自然数n」の数だけ「nの2乗」は存在するはずで、
   だとすれば全ての自然数と全ての平方数とは等しくなければならない






263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:52:59.33 ID:kcvGxNvFO

同じ銃で装備した、同じレベルのA軍10人、B軍8人で戦ったとする 
A軍の兵力^2ーB軍の兵力^2=36 
で、A軍が6人残して勝利する





274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:58:22.82 ID:KRiZLIM50

>>263
ランチェスターの法則だっけ




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:01:27.16 ID:19+mpbMoO

大学入ったばっかりのときに講義でやった鳩巣原理が、
未だに教授の釣りなんじゃないかと思ってしまう




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:02:12.08 ID:B6oMxykU0

>>283
kwsk





297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:10:35.89 ID:19+mpbMoO

>>285
あなたは人口20万人の都市に住んでいるとします
人間の髪の毛は、高々15万本であることが知られています
つまり、この街にはあなたと髪の毛の本数が全く同じ人が
必ず一人以上いることになります

なんかモヤモヤする…






264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 02:53:13.84 ID:h/SC2OfiO

髪の毛の数をnとする

n=1のとき

明らかにハゲである。

n=kの時ハゲであると仮定する

髪の毛を一本増やしたくらいじゃハゲのままなので、n=k+1でもハゲである


以上より数学的帰納法に従い全ての人間はハゲである



これを波平のパラドックスっていうんだが、誰か分からないか?





301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:12:16.65 ID:KkHT8VC/O

>>264

ある高さから生身の人間が飛び降りた時、その人間が怪我をするかどうかについて考える
飛び降りる高さをn(単位:ミリメートル)とする
n=1のとき
明らかに怪我はしない
ここで
n=kとする
怪我をしない高さからさらに1ミリメートルさらに高くしたところでやっぱり怪我はしないので

n=k+1
のとき怪我はしない

よって、人間はどんなに高い所から飛び降りても怪我しない





321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:18:48.79 ID:LTAQfQx3O

ウェーバーフェヒナーの法則

ヘロンの公式





347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/01/15(木) 03:32:14.23 ID:dwFfcfwgP


オッカムの剃刀、不思議。

法則が単純である必然性は全く無いのに。

220px-William_of_Ockham_-_Logica_-_1341




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 04:53:22.92 ID:UdezraSrO

ポーカーの基本定理(The Fundamental theorem of poker)

敵のハンドを全て見る事ができた場合に自分が取る行動と
実際に自分が取った行動が異なる時は敵が勝つ
そして敵のハンドを全て見る事ができた場合に取る行動と
実際に取った行動が同じである場合は敵が負ける
逆に自分のハンドを全て見る事ができた場合に敵が取る行動と
実際に敵が取った行動が異なる時は自分が勝つ
そして自分のハンドを全て見る事ができた場合に敵が取る行動と
実際に取った敵の行動が同じである場合は自分が負ける


これって嘘だよな?





401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 04:57:26.49 ID:B6oMxykU0

>>400
とるべき行動と実際にとった行動が違うときに負けるってこと?
ならあってるような気がする。





403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 05:05:28.73 ID:B6oMxykU0

同じレベルの役同士ならドローだけど
それ以外なら確実に勝敗がつくからそれはないんじゃない?





406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 05:17:59.14 ID:xG2HZt8S0

相手の持っているカードの組み合わせが自分の持っているカードの組み合わせより強い時、
自分がとる行動は何になるんだ?





409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 05:22:37.03 ID:nzN82KRPO

長文失礼
”夜になると暗くなるのはパラドックス”

「太陽が沈むから暗くなる」というのが普通の考えだが、実は太陽が沈んでも暗くはならない
なぜなら宇宙空間には太陽以外にも光を放つ天体は無数に存在し、その光も地球に届いているから

「遠い星の光は弱いんだからそんな事ない!1番近い太陽の影響が1番大きい!だから暗くなるはず!」
これも間違い
太陽は確かに近いが一つしかない、太陽より遠い星は光は弱いが数は沢山あり、合計すれば光は強くなる
つまり「近い光は強いが数が少なく、遠い光は弱いが数が多い」

ここでクエスチョン、「では近い光と遠い光、影響が大きいのはどちらか?」
まず、光の強さは距離の2乗に反比例する、つまり距離が2倍になると強さは1/4になる
次に、ある距離にある星の数、これはその距離を半径にした球の表面積に比例する
球の表面積は「4πr^2」だから距離の2乗に比例する
つまり距離が2倍になると星の数は4倍になる

まとめると「距離が2倍になると光の強さは1/4になるが、光源の数は4倍になる」
つまり、地球に届く光の強さは距離に無関係ということ
従って、太陽が沈んでも暗くならない


が、実際には暗くなる
それは何故か?




414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 05:36:14.46 ID:xG2HZt8S0

遠すぎてある一定以上行くと他の惑星にかぶさったりするのが増えてくるから?




415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 05:47:36.83 ID:fPuHXyqZ0

>>409
遠い星は地球に届く光の密度も小さくなるから






417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 06:04:11.13 ID:nzN82KRPO

>>409ですが、正解は「宇宙が膨脹してるから」
光のドップラー効果だかで遠くの星ほど光が弱くなります
理論物理のゼミで教授に聞いた話なんだが、面白かったんで覚えてた





355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:36:26.92 ID:7Y4BicrG0

おまえらそんなことより2次元の入り口を教えてくれ





357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/15(木) 03:37:34.61 ID:rCicY0Fp0

>>355
今すぐ窓開けて飛び降りればz軸が消滅する








関連記事

ちょっとだれか面白いパラドックス教えてくれ。