1289733i

過去のおすすめ記事の再掲です


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:05:52.18 ID:CegowtxZ0


辻斬り(つじぎり)


刀剣の切れ味を試すため、または武術を磨くために、
武士が夜間往来の寂しい辻に立って不意に人に切りつける行為、
またはそれを行う者をいう。



切れ味を人で試すとかマジキチじゃねーかwwwwwwwwwwwwwww

http://ja.wikipedia.org/wiki/辻斬り





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:07:04.30 ID:NxVpmaL30


頭イってんな







5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:14:12.22 ID:SBgGW+I50


こんなんがまあ当たり前だと思うと、
外国で夜1人で出歩くなってのかわかるな







8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:16:52.31 ID:QUdYJJy8P


侍は身分の低いやつを気分で斬り殺しても平気なんじゃなかった?







10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:17:58.60 ID:dyHC6Av80


>>8
無理






12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:18:16.87 ID:MqZrmvsY0


>>8
特に無礼が無ければ罪に問われるんじゃなかったけ
無礼というのもかなりの理由がないとダメだったきがする



http://ja.wikipedia.org/wiki/切捨御免

近世において武士が町人・百姓らから
耐え難い「無礼」を受けた時は、斬殺しても処罰されない。
これは当時の江戸幕府の法律である
『公事方御定書』71条追加条によって明記されている。
無礼な行為によって武士の名誉が傷つけられる事を
制止するための正当防衛的な行為と認識されていた。









15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:20:10.47 ID:+T0V3Nw90


>>12
「かなりの無礼」も基準が今とは違うからな
その辺誤解すんなよ

「侍様と目を合わせた」
「侍様がよそ見をしながら歩いて来てぶつかりそうになったのに百姓は避けなかった」

こういうのもあの時代の身分制度では「無礼千万」だから






18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:22:24.10 ID:dyHC6Av80


>>15
それで殺されて文句言えないのは時代劇だけ

抜いただけで罰せられる






21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 05:24:54.38 ID:wv04yIdd0


茶屋で怒ったんだが、茶渋はあるのに茶柱がないとはどういうことだ。
こらせいとか言われて切りかかられたのを旦那、旦那、といいながら
30分間娘を追い回すのをとめるために刀と刀でえいやー






23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:27:11.28 ID:QdQr2nop0


あの時代は階級制度による奴隷支配の為に武士の地位は異常だったもんな
でもあくまで武士の名誉()を守るためだけに許されてた事だから
切るまではいいけど、相手殺しちゃったらやり過ぎとして
嘲笑の対象になってたとか日本史ヲタの日本史教師が言ってたわ







25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 05:29:57.32 ID:NnJaGfTJO


そんな簡単に武士階級が人切ってたら反乱起こるからなw






55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:41:06.39 ID:dyHC6Av80


ちゃんとした証拠があって、しかも限りなく無礼ならきっていいって社会なら
あんがいみんなしあわせかもな
、まあ巧妙にわざと怒らせたりしそうなきもするが






60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:44:40.33 ID:YqXuOqo40


鞘当てたれば斬られるもやむなし

今で言えば公務員のカバンに足を引っ掛けたら死刑
そんな時代で法だのなんだのがまともに機能したとは思えないがな







56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:42:10.42 ID:3eHHtyld0


定められたルールと
本当にルール通りに厳格に運用されてたかどうかはまた別の話だからなぁ






59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:44:32.86 ID:zHP/Vlh00


>>56
武家社会ってがんじがらめの事なかれ主義だよ







62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:47:14.40 ID:dLzALfTc0


>>56
そんなgdgdとオタクの典型みたいな事考えなくても
そもそも証拠を出す必要も無いし、
切ったあとで切った側の言い分と刀だけを提出すれば
それでいいっていう形だけのルールだぞwww
監視カメラがあるわけでもないし、
商人や百姓が武士に異論を出せる社会でもないし、切ったもん勝ちだwwww







65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:49:51.51 ID:zHP/Vlh00


>>62
逆だよ
第三者の証人を立てなければならなかったし、
「お前やりすぎだろ」ってなれば斬った側が処罰を受ける
かと言って刀を抜いておいて仕損じると、
「お前それでも武士か」と処罰を受ける







77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:03:02.80 ID:BsafLzu1O


無礼の認識は百姓町人武士でそれぞれ違いがあるだろうから
やっぱり、問答無用に斬り捨てられる町人百姓から見れば、
納得いかんかったんだろうな。








91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:31:40.99 ID:pwROpE7k0


松平信康は領民を無差別に射殺すゲームを楽しんでいたら親父に腹を切らされた







92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:32:58.38 ID:YqXuOqo40


>>91
ひでぇwwwww






93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:38:55.42 ID:AipLlkOy0


>>91
嫁と仲悪くなって、その嫁が父親の信長に
チクったせいで腹切らされたんじゃなかったっけ

http://ja.wikipedia.org/wiki/松平信康





67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:50:34.67 ID:bJ24rZ6v0


まぁ刀は大根を切るために作られた訳じゃないしな
人を斬るのはしょうがないが辻斬りはマジキチ






88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:25:04.50 ID:MqZrmvsY0


刀の鑑定書に罪人の体何人分切れましたよとか書いてあるの怖いよね



http://ja.wikipedia.org/wiki/試し斬り

江戸時代以前には人体が試し斬りの対象として用いられた。
江戸幕府の命により刀剣の試し斬りする御用を勤めて、
その際に罪人の死体を用いていた山田浅右衛門家等の例がある。
また大坂町奉行所などには「様者」(ためしのもの)という
試し斬りを任される役職があったことが知られている。
その試し斬りの技術は「据物」(すえもの)と呼ばれ、
俗には確かに忌み嫌われていた面もあるが、武士として名誉のあることであった。
試し斬りの際には、一度に胴体をいくつ斬り落とせるかが争われたりもした。
例えば3体の死体なら「三ツ胴」と称した。
記録としては「七ツ胴」程度までは史実として残っている。








100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 09:16:11.02 ID:9SHpEnnW0


戦国時代なんかこんなだし。



ヴァリニャーノ『東インド巡察記』

・日本人は、人を殺すことを、動物を殺すことよりも重大には考えていない。
そのため取るに足りない理由からだけではなく、自分の刀の切れ味を
試すためであれば人を殺してしまうのである。自分の屋敷でも人を殺すことが
あり得るし、戦争が実に絶え間ないので、大部分の人々が刀で命を奪われている
ものと思われる。







75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:00:35.85 ID:wI/DTAwD0


辻斬りってホントのキチガイだから、あんまりいないんじゃね?

無礼討(切捨て御免)とかも実際はそんなに無かったとか
宣言後相手に逃げられたら自害しないといけないし







84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:16:45.51 ID:hjztG//V0


そもそも夜中にウロウロしてる一般町民なんていなさそう
たぶんチンピラみたいな連中だから切り捨てようが良かったのかもな








85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:20:57.43 ID:kDtoXhVb0


たしかに辻りまくってたら「夜あぶねぇwwwww」ってなるわな
そしたら夜に歩く奴らは少なくなるわな
そしたら辻斬りする奴らがインフレ起こすわな
武士の斬り合いになるわな
そりゃイカンな







78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:05:09.00 ID:SK/r0mWt0


少なくとも今よりも昔の方が
サイコパスにとっては生き易い世の中だったろうな






79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 07:05:48.03 ID:gXRoFUqX0


>>78
証拠なんてかんたんに消せそうだしね







39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:06:57.11 ID:ZW/9AuYw0


俺の股間の刀を抜いてくれ






41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/30(火) 06:09:38.53 ID:UGBDi/ht0


>>39
お侍様、鞘がはずれませぬ


江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実
日本人の魂が宿る! 究極の武器 全解 日本刀の実力
江戸のしきたり 面白すぎる博学知識―例えば、60日に一度、「Hがご法度の日」があった理由とは?


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351541152/





関連記事

江戸時代sugeeeeeってなる話くr、いや下さいお願いします
歴史上最強の剣豪って誰なの?
むかしの刀の名前ってカッコよすぎじゃね?
江戸時代のサムライって普段何してたの?
2012/10/30 13:00