fuyu08

1 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:21:30.31 ID:pvF1a4jP0.net


ラノベ作家ってさ

小説とは変わった言い回しや比喩、慣用句を使いまくるのが

かっこいいとか思っちゃってる節があるよね。

こういうのも一種の中二病っていうの?






5 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 投稿日:2014/07/02(水) 18:22:39.82 ID:+aRtmFgK0.net


かっこいいとかじゃなく埋もれないようにがんばった結果だろ






6 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:22:57.19 ID:nwbPIVXA0.net


いやそもそも小説自体がそういった比喩を楽しむ物じゃね







7 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:23:05.53 ID:1ph/a0wM0.net


教養がないから自然とおかしな表現になってるだけだよ







14 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:25:03.87 ID:Fkiz0/FdO.net


>>1
読者に楽しんでもらうのが前提なんだから
文体の正しさは二の次なわけだろ







18 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:25:31.55 ID:Z+pjzNuv0.net


でもエ●描写がそんな感じだと興奮するんでしょ?







21 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:26:08.53 ID:sC/V33yq0.net


そういう風に文字数稼がないとチラシみたいに薄くなっちゃうんだろ







23 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:26:47.49 ID:4lMYktKD0.net


>>21
これ






25 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:27:30.12 ID:9Cwx+epI0.net


僕は頭の中のノートにそれを書き留めながら出された緑色の液体…
カフェインとカテキンの水溶液…を喉に流し込んだ







26 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:27:37.27 ID:Fkiz0/FdO.net


わかっとらんやつがおるなあ…

ラノベつうのは大概が「エターナルフォースブリザード!……相手は死ぬ」
なんであって、大げさでいいんだよ







44 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:34:36.23 ID:2fHzGpVxI.net


熱い液体(意味深)






29 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:29:36.10 ID:WuiTo3yQ0.net


西尾を意識してるんだろうけど語彙力もセンスも無いからだいたい滑ってる感じ








31 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:30:25.23 ID:PL34YCRY0.net


面白くないとただの迂遠な言い回しになっただけになる







35 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:32:26.62 ID:Fkiz0/FdO.net


ラノベは基本中高生向けなんであって
中高生にウケてなんぼ

だから、中高生が好みそうな文章になってるだけだわな
一般文芸みたいな文章読みたいならラノベ読む必要はない







39 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:33:26.17 ID:sF1+uB5b0.net


小説の遠回しな表現って本来そのシーンを鮮明に想像出来るようにする為のものなんだけどなぁ
日常的で誰でも経験があり簡単に想像できるようなシーンを遠回しに表現する意味がわからん







193 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 21:15:57.67 ID:x/MsLrSz0.net


>>39
これよ
だから>>1の書き方が問題なんではなく
なににそういう表現を用いるか







43 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:34:22.24 ID:umMga8VW0.net


━━閑話休題。
日本茶に含まれるカフェインはコーヒーのそれよりも多いということをご存知だろうか。
茶に含まれるカテキンが部分的にカフェインと結合しているから即効的に眠気を飛ばす効果がないのであって、逆に言えば結合がじわりじわりと解ける分お茶を飲むことで長々とカフェインの効果を持続することができるのである。







51 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:36:06.52 ID:Ds2OBk/y0.net


>>43
閑話休題

文章で、余談をやめて、話を本題に戻すときに、接続詞的に用いる語。それはさておき。あだしごとはさておき。

俺も昔指摘されたから恥ずかしがらなくていいよ






61 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:41:04.98 ID:AZN+eHRA0.net


>>51
まじかよ(ドラえもんAA略






92 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:55:46.19 ID:WuiTo3yQ0.net


>>51
確かワンパンマンで知ったわ






55 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:39:15.55 ID:eObw8lvx0.net


一口に「茶を飲む」っていってもいろんなシチュエーションや心境で飲むものだからそういう部分を表現したいんだろ






81 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:48:43.26 ID:VkDcfnKW0.net


>>55
お茶の色と温度と量コップの種類や渡し方とかあるからなあ






59 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:40:46.07 ID:cwwbddON0.net


熱い液体をゴクゴクと喉に流し込んでいく彼女。
勢い良く飲んでいるため喉仏もゴクゴクと動いている。
喉仏も…喉仏…






122 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:22:50.13 ID:jvuKf5Oy0.net


スレタイの文章、俺だったら

熱い液体が、にわか雨がさっと過ぎ去った後、マロニエの葉に、置いてけぼりにされたかのように付着した雨雫が、葉脈をつたい地面へと落ちるときの、あのうねうねとした動きで、彼の内部に流れ込んだが、
しかしその温度(実際、舌を痺れさせる程の熱さではあったが)に関わらず、逆説的に彼の内部を冷却するかのように思われた

これくらい書くな






66 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:42:09.09 ID:eObw8lvx0.net


不倫っていうシチュエーションにカプチーノをバニラアイスにかけたデザートを重ねてくるの読んでちょっとダセーとか思ってしまったな…







86 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 投稿日:2014/07/02(水) 18:52:08.12 ID:eeGBeott0.net


小説読んでも教養が身につくかと言われれば微妙
漢字に強くなるとか面白い言葉の使い方とかは物によっては学ぶことがないことはないけど
一般小説がお茶ならライトノベルはいわば甘い炭酸ジュースだな
弾ける甘いユートピアってやつだ






48 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:35:46.24 ID:PPbAwgo40.net


最近読んだ小説の
「ガムはタバコの代わりになると聞いたが、いくら噛んでも煙は出てこなかった」って文章がやたらかっこよく感じた







174 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 20:29:07.56 ID:ps4MBulri.net


>>48
これいいな
好き






88 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:52:39.96 ID:bT84HD8h0.net


詩人とかも中二っぽいの多いのかな?
この前萩原朔太郎の散文を読んでみたんだけどなかなか中二的だった
文章が凄いかっこよかった






91 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:55:28.82 ID:JAFM9AZe0.net


>>88
中二って言葉便利だよね






102 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:04:17.21 ID:4JVq6ehn0.net


お茶を飲もう
湯を沸かそう
沸かした
お茶淹れた
茶を飲んだ

これをラノベ風に書くと1ページくらい稼げそう








103 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:04:37.17 ID:jvuKf5Oy0.net


>>102
大江健三郎は二ページくらい稼ぐぞ







107 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:06:54.30 ID:9Cwx+epI0.net


>>102
間に回想とかアクシデント挟めばいくらでも稼げるな
というかほとんどの作家が1ページ近くかけると思う






111 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 投稿日:2014/07/02(水) 19:09:17.40 ID:eeGBeott0.net


>>102
普通の小説でも
お湯を沸かしてお茶を淹れているあいだに会話してお茶を入れてさあ飲もうか
までの間に10数ページかかるのも珍しいことではない






118 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:16:01.83 ID:XngJw7Zk0.net


そのうちお茶を「記号で表すとこうである」とかやりだすぞ







95 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:00:12.05 ID:Fkiz0/FdO.net


ラノベっつうのは若者文化なんであって
社会(大人)へのカウンターカルチャーでもあるわけだから
社会の規範に従順になることはなく、やりたいことを好き勝手やるのだよ
大人が「名作名作!」と薦めてくるような小説なんか読んでらんない
もっと若者に寄り添った俗物小説を好んで読みたいのだよ
それがラノベだ






78 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 18:46:32.64 ID:1vRMtrRi0.net


小学生のころは「大人(かっこいい主人公)はこんなややこしい認識で世界を見てるんだな」という感じで読んでた






134 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:38:52.45 ID:4srxbkJl0.net


ただ長ったらしく書くだけじゃ何の意味も無い
重要なのはそこにどういう意図を仕込むか







136 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:40:26.56 ID:Fkiz0/FdO.net


>>134
わかっとらんやつだな
「ただ無駄に長ったらしく書く」という意図があるわけだろ


なぜそんなことをするのか疑問に思うか?







141 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:44:25.67 ID:Fkiz0/FdO.net


ラノベを全然理解してないやつらばかりだな

ただ無駄に長ったらしく書く、という価値観
これを一般文芸でやったら、編集なり誰かに修正を求められるのかもしらんが
「ラノベではできる」んであって、
そこがラノベのアドバンテージなのだと理解しとけよ







154 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:55:43.75 ID:ZP7d13Rt0.net


作者「熱い液体を一気に流し込んだ」
読者「何を飲んだの?」
作者「は?それ大事?」
読者「いいから言えよ」
作者「チッ…お茶だけど?満足?」
読者「最初からそう言えよアスペ」
作者「」






159 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:59:23.70 ID:Ztk6+VV10.net


>>154
分かりやすいなw
大事かどうかを読者が勝手に決めてるところが滑稽だわ


「茶を飲んだ」

「熱い液体を体に流し込んだ」
の違いが分からない奴は本気でまともな本を読んで小説の楽しさってのを学んだ方がいい






161 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 20:00:20.49 ID:/zKeMnIw0.net


僕が打ち込んだ物理的な衝撃が電気信号に変換され
本来閉鎖されたはずの空間を抜け出し無限の世界へ飛び出していく
それは別の空間へと届き僕の知らない誰かの記憶に潜り込むのだ



タタタッ ターンッ






144 名前:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/07/02(水) 19:47:35.19 ID:QLrg+W4Z0.net


俺はキンキンに冷えた最高においしい太陽のマテ茶で
頬張った肉の塊を胃に一気に流し込んだ
やはりこの太陽のマテ茶は最高だ
甘味があり飲みやすくそれでいて後味がさっぱりとしていて喉に引っかかる感じがしない
造される。
そもそもマテ茶というのはイェルバ・マテなどの葉や小枝を摘みとって採集し
すぐに火入れを行って葉に含まれている酸化酵素を不活性化させ
さらに熱風で乾燥
適度な大きさに破砕したあと
1年間ほど熟成させた後にようやく茶葉として完成するものであり
製造に膨大な時間と手間がかかる
それが今では日本コカ・コーラのおかげでコンビニで一本147円(消費税込)でお買い求め頂けるというのだから驚きである


コカ・コーラ 太陽のマテ茶 (2.0L×6本)×2箱
すごいライトノベルが書ける本 ~これで万全! 創作テクニック

元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1404292890/