1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:28:11.30 ID:DC9LHZ9h0

前頭葉の一部を切除するか破壊してしまうことで患者の感情は壊死したように働かなくなり完全におとなしくなる、凶暴な精神病患者や自殺癖のある鬱病患者に絶大な効果があるとされた手術
1935年にアントニオ・デ・エガス・モーニスという神経学者が考案した療法で、ノーベル賞を受ける
1950年代に入って後遺症などの欠陥が次々と指摘され、1960年代には人権思想の高まりもあってほとんど行なわれなくなった

no title


https://ja.wikipedia.org/wiki/精神外科


3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:28:43.41 ID:4cBdHLUX0

そらそうなるよ


4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:28:58.56 ID:Na9TM59+M



6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:29:29.97 ID:jrTDEShp0

どこをどう切除するとか決まってなくて医者のカンてわやってたとか草


8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:30:07.50 ID:6YgfZM3b0

>>6


18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:31:07.29 ID:4cBdHLUX0

>>6
実験動物みたいな扱いやったんやろなぁ…


7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:29:53.53 ID:v2KrFi4U0

ノーベル賞を受賞しているという闇


9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:30:13.17 ID:mN/xM/3UH

でもキチガイが暴れまわって他人に危害加えるよりはマシや


11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:30:32.27 ID:p85xVXnO0

後遺症が指摘されなかったら今でもやってる可能性あったんやろか


17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:30:57.37 ID:S7Y6pfPV0

ブラックジャックであったな


19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:31:15.54 ID:RvGV/4jMx

脳って壊してもあんまり意味ない部分結構あるもんな


29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:32:15.83 ID:Fj3CDA2Q0

ロボトミーでガイジがいなくなるなら公共の福祉としてはまちがっとらん


45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:34:55.50 ID:QVu8O2jar

>>29
ロボトミー患者が殺人を犯してるんですがそれは


64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:36:59.99 ID:p85xVXnO0

>>45
ロボトミー殺人事件とかいうガイジにされた患者の復讐


65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:37:02.76 ID:DKQpNzm6p

>>45
そんなんロボトミが原因かわからんやん


78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:38:00.43 ID:8KNHu5Vfp

>>65
原因というか動機がロボトミーされたからってことで医師を殺したんだよ


106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:41:26.96 ID:UE1dQfUy0

>>65
元物書きが手術を行った医者を殺したんやぞ
ロボトミー後感動出来んくなり人も愛せなくなって仕事も家族も失ったけどそれを悲しいとも思えない
ただ報復するべきだとは思うからって理由でや
ロボトミーが原因やろ


31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:32:50.46 ID:jrTDEShp0

尚電気けいれん療法は現役

電気けいれん療法(でんきけいれんりょうほう、電気痙攣療法)は、頭部(両前頭葉上の皮膚に電極をあてる)に通電することで人為的にけいれん発作を誘発する治療法である

1938年、イタリア・ローマのウーゴ・チェルレッティ?とルシオ・ビニ(Lucio Bini)によって創始された、元々精神分裂病(現在のほぼ統合失調症に当たる)に対する特殊療法として考案されたものである。
日本では1939年に九州大学の安河内五郎と向笠広次によって創始された。
その後、他の疾患にも広く応用されて急速に普及し、精神科領域における特殊療法中、最も一般化した治療法である[4]。

作用機序は不明である[5][6]。

多くの場合、ECTはインフォームド・コンセントを得たうえで[7]、大うつ病、躁病、緊張病の最終治療手段として用いられている[8]。


44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:34:50.68 ID:zytHJWuv6

>>31
こっちはめっちゃ有用やで
一緒にしたらあかん


52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:36:16.42 ID:4cBdHLUX0

>>31
これはちゃんと研究して作られた有能な処置やぞ


87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:38:55.68 ID:WykmsNc7r

>>31
これは俺の父さんにやってもらった
効果的だった


154: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:45:30.83 ID:pY8Ksrzxd

>>31
これ麻酔かけて手術室でやるんよな
有効やけどそれなりに危険ってことで


33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:33:01.56 ID:n6ypfhIrp

グチャグチャにして掃除機で吸い取るんやろ
狂ってる


41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:34:21.04 ID:HM1b5d7y0

>>33
中絶手術みたいやな
ロボトミーは脳の堕胎とも言えるかもしれん


38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:33:59.56 ID:WOmFehNC0

目玉にドリルぶっさして奥の脳をいじるとかいうマジキチ


47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:35:21.45 ID:a+22IORk0

メンタル弱い選手はやったらええやん


60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:36:40.86 ID:iPdQCzSY0

古代エジプトレベルの発想による施術が戦後も行われてた恐怖


63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:36:52.16 ID:39wk57Pca

ロボトミーがなくなったのは人権思想のせいじゃないで
もっと便利な薬物療法が出てきたってだけや
それがなかったら今でもやってたわ


66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:37:03.69 ID:S7Y6pfPV0



70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:37:21.89 ID:2GandwoU0

人格が破壊されるのもあかんが、更に凶暴になる可能性もあるのが一番あかん


82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:38:22.71 ID:EH7BW5R0a

今やってる手術も数十年後には頭おかしいって言われてるんかな


102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:40:41.92 ID:NmBCn+1H0

医学の進歩もあって悪いところは切り取ろうが大正義の時代やったんやろ
しゃーない


104: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:40:45.50 ID:8AsWs/sc0

脳とかただでさえよく分からんのに、もう人体実験できんからなぁ
精神外科手術が発達することは永遠になさそう


112: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:41:48.35 ID:4cBdHLUX0

>>104
もうそれ自体が永久追放扱いやからな


105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:40:45.85 ID:g8/bUi7y0

なお考案者は自分で施術した患者に銃撃され脊髄を損傷しカタワになった模様


114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:41:51.28 ID:p85xVXnO0

>>105
ギロチン発案者がギロチン刑になったり
なんちゃらの牛もそうやし
因果応報ってあるんやね


142: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:44:23.11 ID:UE1dQfUy0

>>114
ギロチンは死刑執行人による死刑より人道的な死刑方法をと考案されたものやし
業とするのは可哀想やで


117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:42:06.76 ID:NHHLLxwi0

理屈上は有効な手段なはずやから、研究も止まってるのはもったいないな
ただ実験も容易にできんからしゃーないか


136: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:43:50.21 ID:8KNHu5Vfp

>>117
前頭葉あたりの研究は当然されとるから、作用機序がハッキリしたら復活するぞ


149: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:44:52.45 ID:uvW5Rf08r

>>136
するわけねーだろアホか


167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:46:38.90 ID:Z4675UBja

自己流でやってた殺人鬼おったよな
脳に硫酸流すやつ


176: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:47:32.17 ID:vhcMAtUp0

>>167
おったおったw
激痛で目覚めるとか怖いわ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェフリー・ダーマー


180: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:48:01.22 ID:a+22IORk0

>>167
おったな
自分だけのものにしようとしたんだろあれ


186: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:48:21.28 ID:Rab17D9Q0

向精神薬の開発で批判されてた精神外科が廃れたわけやけど
今は精神科=薬漬けのイメージが出来上がって批判されとる
また何かブレイクスルーあるんかね


198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 15:49:48.23 ID:JeMsGwqO0

今の医療も何十年かしたらあり得ないとか言われるようになるんやろな


ぼくの脳を返して~ロボトミー手術に翻弄されたある少年の物語~
ロボトミスト 3400回ロボトミー手術を行った医師の栄光と失墜
教科書には載せられない悪魔の発明

元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1472365691/