akachan_smile (1)
1: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:03:58.07 ID:vQaASGF10

運用の仕方が悪かった歴史があるというだけで、考え方自体は特に悪くないと思うんだが


2: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:04:50.56 ID:vQaASGF10

より優秀な人間をっていう希望がそんなアカンか?


3: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:05:07.22 ID:CSkJ1grGd

運用が難しいし、何が優れてるかが恣意的で曖昧だから


7: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:06:29.72 ID:vQaASGF10

>>3
何が優れているかは結構わかりやすいやろ
身体能力や病気に強いとか賢いとか色々あるやん

日本人の9割が知らない遺伝の真実

9: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:07:02.85 ID:5/7Ps/PI0

>>7
その適用範囲が徐々に広がりかねないってのが問題かも


11: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:08:20.10 ID:vQaASGF10

>>9
それもまた運用側の問題やろ
考え方としては別に普通やと思うんやが
誰だって優秀に生まれたいに決まってるやん


5: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:05:30.81 ID:O9hfGddrM

人間の価値なんてどこで測るかで変わるのに誰かが画一的に測ることになるから


8: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:06:53.88 ID:vQaASGF10

>>5
なんで一人が決めるという前提なんや


6: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:06:27.37 ID:6jTACYVpM

長い年月ではどの遺伝子が必要になるかわからんからな


10: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:07:31.71 ID:vQaASGF10

>>6
それは確かにあるらしいな
でもそれならそういう遺伝子は保存しておけばいいんじゃないの


12: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:08:21.85 ID:CSkJ1grGd

それと人類誰しも自然権があるんよ


13: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:09:24.20 ID:vQaASGF10

>>12
その自然権ってのも別に特に根拠があるわけじゃないよね。
あると思えばあり、無いと思えば無いようなものでしょ。


18: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:11:38.73 ID:4TYeW4FD0

多様性を確保せな環境の変化があったとき全滅してまうんや


22: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:13:15.08 ID:vQaASGF10

>>18
別にとある種を根絶やしにしろというわけではなくて
そういう多様性も卵子とか精子とかの冷凍保存的な手法で確保できるんちゃうの?


214: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:19:10.46 ID:dt+p7jta0

>>22
許容しないと優秀の定義がどんどんせばまって最終的に絶滅せざるをえんのやない


19: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:12:07.54 ID:vQaASGF10

命の選別がダメみたいな事言ってるニュース見るけど
さっぱりわからん


20: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:12:13.51 ID:Hj7Rgf5S0

ワイも優生学は一見間違って無さそうな気もするんやが
優生学が必要言うてるのはワイも含めて劣った側が言うてるんだよな


23: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:14:12.12 ID:UnZQvrIx0

>>20
本当に優れてるなら実力で示せばええだけの話やな


26: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:15:15.69 ID:vQaASGF10

>>20
誰が言っているかで正解か間違っているかが決まるわけではない


24: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:14:35.07 ID:vQaASGF10

そもそも優秀な方向に寄せただけでみんながみんな同じ顔した美男美女になるわけじゃないやん
多様性はそれでもまだまだ十分あると思うけどな


25: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:15:06.21 ID:e0r2IpOS0

多様性は保存するものじゃなく
抱えながら進むものということやないか


28: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:16:29.38 ID:vQaASGF10

>>25
優秀な人材生み出す方に振って人類進歩させたほうがいいんちゃうの


318: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 06:04:32.67 ID:GwX42MWh0

>>28
行き着く先は多様性の消失とボトルネックなんだよなぁ


27: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:16:20.94 ID:m4Ky3IMwM

もし全てにおいて優れてるように見える遺伝子がほぼ人類に取り込まれたとして
実はその遺伝子はあるウイルスにめちゃくちゃ弱かったです~ってなったときにどうするんや?
過去の遺伝子冷凍してたとしても人類半壊やぞ


31: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:17:26.84 ID:vQaASGF10

>>27
うーんそんなこと言い出したら今だって共通の遺伝子は持ってるやろ


34: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:18:22.37 ID:m4Ky3IMwM

>>31
それを人間の手で進める必要ある?
多様性っていうのは集団に存在するから多様性やぞ?


37: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:19:55.47 ID:vQaASGF10

>>34
でもそれだと適者生存という進化はどうなるんや
多様性多様性って、何時の時点での多様性なんだってなるやろ


29: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:16:39.00 ID:AVel80XF0

優生学進めたヒトラーはなんでボロ負けしたんや?
それが答えやろ


32: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:18:00.71 ID:4TYeW4FD0

>>29
ヒトラーがそれ何年やってたのか知らんがそんな短期に結果出るもんでもないやろ


36: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:19:10.46 ID:AVel80XF0

>>32
ん?アーリア人は優秀なはずなのになんで
劣等遺伝子のユダヤ人にボロ負けしたん?
それが答えや


39: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:20.26 ID:vQaASGF10

>>36
別にユダヤ人に負けたわけじゃないと思うが


30: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:17:03.21 ID:Hj7Rgf5S0

個人で見た場合はより優秀な精子をより優秀な卵子をってそれなりにやってるんだよな
そしてそれは特に咎められるものではないむしろ良いじゃんとまであるが全体がそれになるのは駄目みたいなのも感じる


35: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:18:41.39 ID:vQaASGF10

>>30
不思議だよなぁ
誰だって美男美女に生まれたいし頭良く生まれたいやろ


45: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:22:00.04 ID:IpJUwmsmp

>>35
遺伝子の多様性が下がるやん

鎌状赤血球症の遺伝子根絶した後にマラリアが蔓延したらどうなるんや?
頭の良さに関連する遺伝子が実は大腸ガンのリスク遺伝子と相互作用してないって誰が言い切れるの?


57: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:26:46.10 ID:vQaASGF10

>>45
そういう不都合も優生学で生まれた優秀な人間たちが解決してくれるんじゃないの


40: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:20.94 ID:m4Ky3IMwM

多様性の中から優れてると思う人材を選抜したらええやん
優れてるっていう価値観なんて時代によって違うんやし一時代の人類がやるべきではない


44: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:21:13.63 ID:vQaASGF10

>>40
矛盾してね?


49: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:23:05.92 ID:m4Ky3IMwM

>>44
してるか?
次の世代で価値観が変わってたらどうするんや?
今優れてる人間が未来で優れてるとは限らんやろ


65: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:28:40.72 ID:vQaASGF10

>>49
最初に「多様性の中から優れてると思う人材を選抜したらいい」としてそのあとに「価値観なんて時代によって違うんやし一時代の人類がやるべきではない」ってなんかおかしい気がしたんや


41: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:23.38 ID:Hj7Rgf5S0

テレビでもマツコなどが優秀なアスリートは優秀なアスリートと結婚すべきとか言うよな
これと優生学は何が違うのか?となるが他人がやってる分にはええが自分の環境までそれが入り込んでくるのは嫌やみたいな感じか
およそ自分と関わりのない部分での優生学は賛成って感じの人が主流派っぽい


42: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:20:31.18 ID:QySewE9Qa

科学は収束点へと向かえても真理に到達できるとは限らないやん
優生学が正しいと証明したいんなら科学以外の方法見つけてくれや


46: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:22:14.49 ID:e0r2IpOS0

優秀さの定義づけはできるとは思う
ただ他の要素に相性によって負けることがあるのが
極端に言うとガリ勉がボクサーに殴られて負ける的な

優秀故に敗北するということもあるだろうし


60: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:27:41.81 ID:vQaASGF10

>>46
別に完璧超人ばかりになれと言ってるわけではないぞ
優秀=全部が優秀という意味じゃない


69: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:29:53.66 ID:e0r2IpOS0

>>60
あぁそうなのか
ある能力に特化すべきということ?


83: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:33:50.05 ID:vQaASGF10

>>69
そりゃ万能になれるならそれがいいけど、特化でもなんでも良いから何か優秀な能力を持った人間を選んで繁殖させていったほうがええんちゃうのってこと


52: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:24:46.06 ID:m4Ky3IMwM

温暖化が進んでるから暑さに強い遺伝子を増やしてたら急に大噴火して氷河期になったらどうすんねん
未来のことは人間には分からない
多様性を抱えながらその中で競争するのが健全や


56: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:26:09.43 ID:KEWg8YXO0

>>52
これが真理やな


58: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:26:52.82 ID:Hj7Rgf5S0

>>52
全体を考えりゃその時代での負け組が必要という感じか


54: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:25:10.74 ID:7zfLmjex0

5chでよく言われる「役立たずの老人は殺せ」みたいなのも優生学?


62: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:27:52.96 ID:a6mGt8Au0

>>54
それは余裕ない人のルサンチマン


360: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 06:24:36.98 ID:byTmwGZV0

>>54
全然違う
世界で社会主義共産主義がブイブイ言わせてたころに流行ったのが優生学だからその辺り混同してるだけ


55: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:25:49.11 ID:UEIV0K7V0

たとえば原始時代に肉体的に優れてる人間以外根絶やしにしてたら
IT御三家の内向的人間は生まれてへんわけやから世の中ここまで発展せんかったんやで


61: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:27:52.89 ID:IpJUwmsmp

何が優秀な形質かは時代の価値観によって異なる
我々は個々の遺伝子やタンパク質についてまだまだ無知である
必ずしも一つの遺伝子が一つの形質に関与するわけではない
一見すると非適応的な形質が、特定の環境下では適応的になる例が多数ある
一度種の遺伝子プールから失われた失われた遺伝子を戻すのは非常に難しい

勇み足で取り返しのつかない結果を生むよりは、慎重に行こうや


76: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:32:29.83 ID:vQaASGF10

>>61
例えば植松が殺してまわった様な人達はどうなの


82: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:33:41.49 ID:IjyCY/eJ0

>>76
そんな特殊なパターンは今考える必要あるか?


95: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:37:31.90 ID:vQaASGF10

>>82
いやむしろ優生学に必ず付きまとう問題が障害者のはずだよ


106: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:40:00.15 ID:IpJUwmsmp

>>95
de novo変異や後天的な感染、あるいは低酸素脳症でも知的障害になるんやから
優生学を適用しても知的障害者が生まれなくなるわけちゃうで


120: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:44:33.40 ID:vQaASGF10

>>106
後天的な事はそら当たり前やろ
妊娠中の染色体の検査とかはどう思うの?異常が見つかっても産むべきなの?


64: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:28:19.97 ID:kEKeCkp00

コストの問題で金持ちしか優生な遺伝子を買えんようなったらやばいな
金持ちの子供は容姿端麗で秀才揃い
貧民はブスで愚鈍


74: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:31:49.17 ID:zJ50tKWt0

太った女性が好まれていたとかの話を聞くと人間の価値観なんてすぐ変わるもんだなと感じる


78: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:32:46.35 ID:MWbEjZjSM

時々ここに立つ偏差値70以下の人間を殺せみたいなスレ見れば分かるやろ
淘汰した先にあるのは楽園やなくて更なる淘汰や
じゃあみんな一様になればええんかというと単細胞生物じゃない意思を持つ人間には一様でいられることはできない


79: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:33:32.22 ID:VmnFgW0g0

何が優れているのか?

例えば100m10秒切るやつを有能として線引きしてもも確実にビリはでる

そのビリを切ってもまたビリはでる

この連鎖はどうするん?

それともそのビリを切らないとしても、そいつは本当に有能か?


92: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:37:08.83 ID:vQaASGF10

>>79
100m10秒切る事が有能として線引をしているはずなのになぜその中でビリを決めようとするの?


110: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:41:41.97 ID:VmnFgW0g0

>>92
つまりワイが言いたいのは何を基準に有能か有能じゃないかを線引きしても確実にその中では劣った存在が生まれるよねってことや

優生学的ってのは、生物的に劣った者は排除しようってことやろ?

有能だけしかいない社会には確実に頂点と底辺が生まれるわけや

その社会でまた優生学が盛んになったときに底辺は切られるわけやろ

長期的に見たらそれって際限がなくない?


126: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:47:39.53 ID:vQaASGF10

>>110
有能だけしかいない社会なのに頂点も底辺も無いと思うが
劣った存在を生んでるのはあなたなんじゃないの


84: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:33:51.51 ID:IpJUwmsmp

第V因子ライデン変異って遺伝病があってな 大雑把に言えば血が固まりやすくなるんや
生傷が絶えなかった狩猟採取時代にはおそらく適応的だったんやろけど
今の時代では血栓塞栓症のハイリスク因子でしかない

この遺伝子を切り捨てるんか?それは誰が決めるんや?
将来災害や戦争の時代に再突入したら有利な形質になるかもしれんで?


91: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:36:42.67 ID:PsYqjvig

科学的合理主義が欧米で流行っていた頃、人間の優劣がメンデル的な遺伝的要因で全て決まっていると信じられていたんや
人間のあらゆる能力は遺伝的要因と環境要因の複合的なバランスで決まっているから、生得的な要因が全てと決めつけて劣等な人を排除しようとすることは正当化出来ないんや


94: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:37:17.86 ID:e0r2IpOS0

多分今の人口増加がある時点でピークを迎えて
その後減少する過程で優れた人間が残ると思う
ていうか今の日本がそうかもしれんが


101: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:38:50.19 ID:Qa4u5gmVa

めっちゃ速く走る人間を作るとかなら優生学でできる
でも優秀な人間を作るってったら要素が複雑すぎて無理なのよ


107: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:40:31.56 ID:vQaASGF10

>>101
その速く走る人間を作ることが出来るなら他の分野も同じことなんじゃないの


109: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:41:33.59 ID:doqZdG+Gd

優生学がダメな理由を一言で教えたろか?

「何万年もかけて有利か不利かも不明な形質獲得するの目指すとかギャンブルすぎてアホらしい」

からやで

体格を良くする掛け合わせするにしても、最低一世代かかるやろ。でも防具つくれば一週間で解決やで


113: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:43:09.61 ID:Hj7Rgf5S0

>>109
けど個人で見た場合はより優秀な精子をより優秀な卵子を求めてパートナー見つけるよな
これは優生学とは違うんやろか


112: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:42:58.00 ID:Vh70BthH0

身体的能力に関してはソ連や東欧が散々やってたんだから
まぁ知れてるレベルなんやろ
3世代ぐらいやろうけど


118: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:44:11.34 ID:Hj7Rgf5S0

室伏の親父はアジア人の血じゃ勝てないと白人の血を入れて子供をエリートにしたよな
これは正しいのか間違ってるのか


122: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:45:25.31 ID:e0r2IpOS0

ミクロというか個人レベルとして本能としてより優秀な遺伝子を残そうとするのは肯定されて
マクロとして群れとしてコミュニティとしてそれをやろうとすると否定されるのは
たしかに不思議である


129: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:47:53.00 ID:Y1ecj4rC0

>>122
それこそ多様性だろ
100人いれば好みは100様
デブ好きがいれば痩せてるのが好きなのもいるし
マッチョ好きもいればヒョロガリ好きもいる
それを一律に定めることになんの意味もないな


141: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:53:13.66 ID:doqZdG+Gd

優生学「寒さに強い人間の方が優秀」
ワイ「厚着すれば?」

これで終わる


156: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:57:06.53 ID:doqZdG+Gd

遺伝子を変化させて動物は環境に適応する
でも、人間は環境の方を書き換えて適応する

だから人間は急速に発展したんやぞ
文化という遺伝子の外部ツールを利用してな

いまさら遺伝子淘汰だの言い出すのは原始人以下やで


157: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:57:18.96 ID:Y1ecj4rC0

だいたいこういう事を言い出す奴は
自分が人生の敗北者であるから
才能や遺伝子が優れていればと考えるが
完全コピーのクローン社会でもない限り優劣は生まれ続けるからどう頑張っても敗北者の望む世界になる事はない


158: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 04:57:42.01 ID:mxnJNHID0

そもそもそんな事する必要ある?
次の世代から急に優秀になったら今生きてる世代はみじめになるだけやん


167: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:01:31.34 ID:X9GBnGzzd

遺伝子が偏ると病気で全滅しやすいっていうけど医学の進歩でなんとかなるんやないか?


171: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:04:09.17 ID:vQaASGF10

>>167
ワイもそんな風に思う。
人類をより良くするための考え方として何か間違ってるのかなと思っただけなんだが


170: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:04:08.36 ID:it6yCtMn0

子供の入れ替え実験で


お金持ちの子供が貧乏の家庭の子として育てられ働き者に育ち

貧乏人の子供が金持ちの家庭の子として育てられ粗暴で野蛮な問題行動ばかり

という実話な実験結果があるからな

環境とかいうのは幻想ンゴよ・・・・・全て遺伝子で性格・行動は形成さるンゴよ・・・・


212: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:18:43.36 ID:doqZdG+Gd

普通に考えてさ、天才の遺伝子に期待するより、教育制度を充実させる方が文明は前に進むよね


213: 風吹けば名無し 2018/01/30(火) 05:18:57.00 ID:RSCQJZXM0

個人がより優れなくても良い人それぞれ良いところがあるなんて言えば負け組の思考競争の放棄と罵倒されるが
集団になったら人それぞれなのが良いんだよなとなるのは何でなんやろ


日本人の9割が知らない遺伝の真実
優生学の名のもとに―「人類改良」の悪夢の百年
利己的な遺伝子 <増補新装版>

元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517252638/